よくあるご質問

よくあるご質問にお答えします

docomo MECについて

サービスの特徴

ドコモが運用するMEC基盤(仮想マシン、仮想ネットワークなど)を提供しております。
MEC基盤は「VMware」と「OpenStack」から構成され、それぞれの基盤はご利用用途によって選択が可能になります。
それぞれの基盤の特徴については以下をご参照ください。
https://www.mec.docomo.ne.jp/portal/functions/index.html#cloudbasis
より詳細な情報については開発者ドキュメントをご用意しておりますのでご参照ください。
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/index.html

docomo MECはMEC(multi-access Edge Computing)の特徴をもつMECサービスです。

docomo MECとしてはIaaSの提供のみであり、PaaSやSaaSの提供は行っておりません。
ただし、ドコモまたは第三者がdocomo MECを利用して提供する5Gサービスソリューションがございます。
https://www.ntt.com/business/services/

docomo MECはインスタンス(Compute O/Compute V/Compute D)およびそれらに関連するネットワーク接続(MECダイレクトを含む)を提供するMECサービスであり、MECダイレクトを利用しない場合であってもインスタンスを利用することができます。

はい。MECダイレクト通信は5GエリアだけでなくLTEエリアでも利用することが可能です。

以下にご利用可能なメニューを掲載しております。
https://www.ntt.com/business/services/docomomec.html
※上記ページ内「ご利用料金の詳細はこちら」から料金をご確認ください。
その他サービスメニューについてはインスタンスサービスの種別と拠点によって提供されるオプションが異なりますので、弊社営業担当へお問い合わせください。

画像認識やAIエージェントなどのAPIが用意される予定です。

はい。可能です。

いいえ。自動スケール機能は搭載されておりません。

はい。設置することができます。

docomo MECに接続可能なSIMは2種類あり、それぞれdocomo MECへの接続経路が異なります。
・spモード契約されているSIM(LTE、5G問わず):インターネット経由
・MECダイレクト用SIM:MECダイレクト経由

はい。可能です。

はい。spモード契約されているSIMを用いることで、既存LTE端末からdocomo MECへのアクセスが可能です。

docomo MECにシステム構築を行う場合、OS以上の構築、保守運用、セキュリティ対策等はお客様自身で行っていただく必要があります。 ファシリティや物理装置の保守運用は弊社の基準に基づいて実施いたします。 なお、グローバルIPアドレスはdocomo MECサービス内にて有償提供いたします。

いいえ。Windows 10は利用することはできません。現在docomo MECではWindows 10は対応しておりませんが、Windows Serverは利用可能です。

西東京拠点の場合、外部接続サービスを利用することで接続が可能です。

アクセスプレミアムとdocomo MECは別のサービスです。

いいえ、ミドルウェアはインストールされておりません。
docomo MECでは、OS以上の上位レイヤーの構築、保守運用、セキュリティ対策はお客様ご自身で実施いただく必要がございます。

データセンターについては,下記11拠点が該当します。

Compute O:東京・大阪
※MECダイレクト非対応の拠点として西東京・栃木
※東京、栃木拠点については新規受付を終了しています。
Compute V:神奈川・大分
Compute D:東北・東海・北陸・中国・四国

はい。公開されております。
開発者ドキュメント内に各サービスの情報を掲載しております。
▼開発者ドキュメント
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/index.html

管理者用のGUIコンソールが提供されて、その管理者コンソールからサーバを構築することができます。

導入のメリット

GPUのリソース(メモリ等)が分割されます。分割数が大きければ、使用できるリソースも小さくなります。その代わり、1枚のGPUの利用原価が下がるため、利用料も安くすることが出来ます。

強みとしては低遅延となります。5Gソリューションとして以下を案内いたします。映像向けのソリューションもございます。 https://www.ntt.com/business/services/

その他

法人のお客様向けのサービスになります。
その他ご利用条件については、ご要望等に応じて変わりますので弊社営業担当へお問い合わせください。

即時反映されます。(ただし、端末側の再起動が必要となります)

Compute Vのマニュアルについては事前にご確認することが可能です。
▼docomo MECポータル開発者ドキュメント
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/compute-v/concepts/overview.html
お客様とのNDA締結後はCompute Oマニュアルのマニュアルが展開可能となります。
NDA締結不要のエッセンシャル版もご用意しております。
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/compute-o/concept.html
無料トライアルを申し込みを行い、実環境を確認頂くことも可能です。
docomo MECポータル:https://www.mec.docomo.ne.jp/

使用しない場合インターネットに接続はできません。

1PJ(プロジェクト)は1テナントとなります。

オプションにはありません。
ソリューションによってはエンコーダーもパッケージされたものがあります。
https://www.ntt.com/business/services/streamways.html

MECダイレクトは閉域という特徴に加えて低遅延を実現するために最適なNW構成を組んでおります。 モバイル閉域は帯域が他ユーザと共有で100Mbpsなどの制約があります。

余裕を持ったリソースを確保されることをおすすめします。また、実際の運用において定期的にリソースを評価し、インスタンスの追加などのリソース見直しの要否を確認する運用とすることをおすすめします。

信頼性などの要件によって区々ですが、障害時の復旧のための備え(冗長やバックアップ)が取れる構成をとってください。

コンソールの使い勝手をご確認いただく目的で1か月無料、リソース限定でトライアルを提供しています。システムの実現性の検証などの目的であれば正式なお申し込みをお願いします。

当社は基盤部分を、お客様はOSから上の部分に責任を持つものとなります。
当社はお客様がOSからの上のシステムを構築するための情報(開発者ドキュメント情報セキュリティポリシーなど)を提供し、docomo MECをどのようにご活用いただくかはお客様自身でご判断をいただいています。
そのため特定のガイドラインにdocomo MECが対応しているかという回答はしておりません。
▼開発者ドキュメント
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/index.html
▼情報セキュリティポリシー
https://www.mec.docomo.ne.jp/portal/security_policy.pdf

英語対応のドキュメントはありません。

仮想マシンとは、物理コンピュータのようにオペレーティングシステムとアプリケーションを実行する機能です。
すべての仮想マシンには、物理ハードウェアと同程度の機能を提供する仮想デバイスがあり、物理コンピュータと同様に扱うことができます。

以下のURLにて利用規約を参照いただけます。
https://www.mec.docomo.ne.jp/manual/kiyaku.pdf

docomo MECユーザ個別のユーザリソースの監視・対応はお客様にて実施するものとなっています。
docomo MECではdocomo MEC全体に対し、各機器、システムの性能、リソース・基盤サービスインターフェース、不正アクセス行為等の監視を24時間/365日で実施しています。

docomo MECユーザ個別のユーザリソースのペネトレーションテスト等の対応は、お客様にて実施するものとなります。

docomo MECユーザ個別のユーザリソースの監視等の対応は、お客様にて実施するものとなります。

docomo MECユーザの作成したユーザリソースと外部との通信の保護・ユーザリソースに格納されたお客様のデータの保護はお客様自身で実施するものとなっています。
docomo MECにおいては、ユーザとの契約に関する情報など特に重要なデータはdocomo MECを構成するシステム内に保持していません。また、Webコンソール通信の暗号化やユーザリソースが格納される物理ディスクのハードウェアレベルでの暗号化等の対策を行っています。

docomo MECユーザ個別のユーザリソースの脆弱性対策はお客様にて実施するものとなっています。
docomo MECではサービス提供前のセキュリティ仕様の実装評価、脆弱性診断等によるセキュリティ対策確認や、ログ分析や外部機関からの脆弱性情報の提供に基づき、当社の基準による対策を実施しております。

ユーザリソースが格納される物理ディスクはハードウェアレベルで暗号化しています。
ご利用者様が構築したユーザリソースに格納されたユーザデータの暗号化は、ご利用者様にて実施いただきますようお願いいたします。

Webコンソールにおける操作ログはご利用者様にて取得可能です。
インスタンスに対する操作ログはご利用者様にてインスタンス内で取得できるよう構成いただきますようお願いいたします。

物理的な隔離および関係者のみアクセスができるよう制御されています。

データセンターには警備員が常駐しており、建物およびサーバルームが常時監視カメラ・センサー等で監視されています。

入退室管理を実施しています。

インスタンスへに対するウイルス対策は、ご利用者様にて実施いただきますようお願いいたします。

当社の設備の故障若しくは停止等の復旧など、設備保全またはサービス維持に必要な範囲内で設備内に構築・保存されたデータ等を確認、複写、複製する場合があります。

ユーザリソース内部はユーザごとにネットワークも含め分割する機能を提供しています。ただし、ユーザリソース内部には他ユーザと共有するリソース(共有サーバ・共有ネットワークおよび共有回線)も存在します。

docomo MECポータルは2段階認証を提供しております。適用にあたってはご利用者様で設定いただきますようお願いいたします。
Compute VのWebコンソールは2要素認証を提供しておりません。
Compute Vのインスタンスへのアクセスにおいては、ご利用者様にて2要素認証を構成いただきますようお願いいたします。

・MECダイレクトにおいて、端末にIPv6アドレスのみを割り当てるIPv6シングルスタック(IPv6SS)方式の提供は未定となっております。
・Compute O/Vで提供するインターネット向けのグローバルIPアドレスはIPv4のみ提供しておりますが、IPv6SSの端末からの接続時もアドレス変換を行っており通信可能です。

お申し込みの前に

5G・エリア

東日本では東京都内、栃木県内、西日本では大阪府内に設置されております。
※東京、栃木拠点については新規受付を終了しています。

東日本では神奈川県内、西日本では大分県内に設置されております。

東日本では東北、東海、北陸に、西日本では四国、中国に設置されております。

料金

弊社営業担当に依頼、または、docomo MECポータル※のサイト上部にある「お問い合わせ」からお問い合わせください。
※https://www.mec.docomo.ne.jp/

ご要望等に応じて変わりますので弊社営業担当へお問い合わせください。

Compute Oは月額4400円~利用が可能です。
詳しくは、法人サイトに料金表を掲載しておりますのでご確認ください。
https://www.ntt.com/business/services/docomomec.html
※上記ページ内「ご利用料金の詳細はこちら」から料金をご確認ください。

法人サイトに料金表を掲載しておりますのでご確認ください。
https://www.ntt.com/business/services/docomomec.html
※上記ページ内「ご利用料金の詳細はこちら」から料金をご確認ください。

リソース変更後の月額料金は、変更した月から適用されます。
尚、料金の日割りは行いませんのでご了承ください。

基盤側のMECダイレクトオプションはCompute O、Compute Vどちらも月途中の契約締結に限り初月のオプション料金が無料となります※。
※初期費用は発生いたします。また、初月内に解約された場合には、無料は適用されません。
しかし、MECダイレクト回線につきましては、初月無料は適用されません。

通常、1つのインスタンスで1枚のGPUを利用するため、GPU利用料はそのインスタンスが負担しますが、複数インスタンスで共有することで、1枚のGPUの利用原価が下がるため、利用料も安くすることが出来ます。

端末

MECダイレクトでは、5G対応iPhone/iPadを含む、5G対応のすべてのドコモ端末(home 5G HR01を除く)で利用可能です。
メーカーブランド端末につきましては、MECダイレクトでは通常の網構成でサービス提供されますため、ドコモIOT試験を通過している端末であれば利用可能と考えられます。
ドコモIOT試験済み通信モジュール・製品は以下より確認できます。
https://www.ntt.com/business/iot.html
※ドコモIOT試験を通過しているすべての端末について、MECダイレクト上での動作確認を実施できているわけではございませんので、その点ご承知おきください。

はい。可能です。

恐れ入りますが予め提示した端末のみ対応端末としています。 お客様の責任において接続することを禁止しておりませんが、不具合が生じた場合の対応や動作に関する問い合わせには対応いたしかねます。

LTE通信端末は動作保証対象外となります。

可能です。 ただし、spモードとMECダイレクト経由でAPNが変わるため都度設定ください。 また、SIMを差し替える際は電源を切ってから入れ替えてください。

以下のドコモのHPを参照願います。
SH-52A:https://www.docomo.ne.jp/product/sh52a/
SH-52B:https://www.docomo.ne.jp/product/sh52b/

FOTAサーバ接続はWi-Fi STATION SH-52Aのみ対応します。

インターネット接続

はい。可能です。

通信要件によっては可能です。利用者がdocomo MEC内にプロキシサーバを構築し、プロキシサーバ経由でインターネットへ接続するような仕組みを作ることで可能です。ただし、インターネット接続を許容するとMECダイレクトの特徴である閉域接続が失われる可能性があります。なお、設計・構築はお客様の責任において実施いただきます。

ネットワーク資源は他ユーザ様と共用となっていますCompute Oの場合60Mbps以下、Compute Vの場合1Gbps以下となるようにご利用ください。 大容量のインターネット通信帯域が必要であればデータセンタ接続による回線の引き込みをご検討ください。

Floating IPについては管理コンソール画面からIPアドレスの指定ができます。逆にASR方式については、ドコモにてルータ設定を行い、ドコモからお客様にIPアドレスをお伝えする形になります。

全ての拠点において可能です。

spモード接続

はい。インターネット経由での接続となります。

はい。spモードでは5GからLTEへのハンドオーバー時に通信は継続されます。

全ての拠点において可能です。

専用線回線

可能です。方法は以下の二点ございます。
方法①インターネット経由(要「グローバルIPアドレス」オプション)でVPN接続
方法②西東京データセンタへデータセンタ接続を行い、西東京データセンタから専用線を引く

外接サービスは西東京拠点のみとなります。(神奈川・大分は接続できません)
専用線回線とCompute Vとの接続に関しては、西東京への拠点間接続を利用して、(専用線)→西東京データセンタ→各拠点 と接続いただくことになります。

アクセスプレミアム

外接サービスは西東京拠点のみとなります。(神奈川・大分は接続できません)
アクセスプレミアムとCompute Vとの接続に関しては、西東京への拠点間接続を利用して、(アクセスプレミアム)→西東京データセンタ→各拠点 と接続いただくことになります。

セキュリティオプション

docomo MECとしてはメニュー化しておりません。ウイルス対策ソフトについては、お客様にてご準備ください。

ネットワークセキュリティサービスは、DOS攻撃やSYNフラッド攻撃など不正なネットワーク通信を監視・防御するサービスになります。エンドポイントのウイルス対策については別途対応をご検討ください。

インスタンスの費用はお客様負担となります。構築はお客様側でおこなっていただきますが、構築に関するドキュメント資料をお渡しいたします。

その他

通常ではお申し込みをいただいてから1か月ほどで利用可能となります。「クイックスタートパック」の場合、お申し込みから最短1~2週間で利用可能となります。

可能です。 ただし、以下ご認識お願いいたします。
①新規インスタンス作成はできなくなる可能性があります。(時期はドコモ判断)
②セキュリティホールとなりうる場合、ドコモ判断で利用を停止させていただく可能性があります。

月額料金は発生いたしません。初期費用のみとなります。

いいえ。対応していません。

以下URLでdocomo MECの開発者ドキュメントを提供しております。

■ 開発者ドキュメント
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/index.html

サポートの範囲については、基盤サービス、およびハードウェアまでとなります。
OS/ミドルウェア/アプリ等、OS以上についてはお問い合わせ等回答できませんのでご了承ください。

以下の手順で実施いただくことが可能です。
1.A拠点とB拠点でdocomo MECの利用申し込みを行う(2拠点分の費用が必要となります。)
2.A拠点とB拠点にてそれぞれソリューションを作成する
3.docomo MECポータルにてA拠点、B拠点に接続できるSIMグループをそれぞれ作成しておき、MECダイレクト回線を接続したい拠点のSIMグループに所属させる(必要に応じて接続したい拠点のSIMグループに移動させる)

お手続きについて

新規

お手続きについては弊社営業担当までお問合せください。

MECダイレクト経由でdocomo MECに接続する場合はdocomo MECのお申込みの他、オプションとして提供されているMECダイレクト及びMECダイレクト回線(5G契約)、5G対応端末のご用意が必要となります。

解約

解約を希望される際は、弊社営業担当者にその旨ご連絡願います。

変更

パスワードについてはお客様自身で管理して頂く必要がございます。
担当営業にお問い合わせください。

その他

はい。必要となります。

お客様によくご利用いただく構成の「クイックスタートパック」の場合、お申込みいただいてから最短1~2週間でご利用いただけます。(「クイックスタートパック」以外の場合は1か月程度かかります)

GPU追加に伴う変更申請が必要となります。変更申請をする場合は、弊社営業担当にその旨ご連絡ください。

仮パスワードの再発行を行いますので、その際は案件担当者にご連絡ください。

再送はできません。仮パスワードの再発行となります。

セキュリティポリシーに示す通り、当社サービスの提供や他ユーザへの影響により実施をお断りする可能性があります。実施の1か月前までに実施日時と内容をご連絡ください。
セキュリティポリシー
https://www.mec.docomo.ne.jp/portal/security_policy.pdf

申請後から3週間程度でご利用可能となります。

構築関連

Compute V

あります。開発者ドキュメント「Compute V」をご参照ください。
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/index.html

可能です。リソースプールでの購入となり、お客さまはリソースを自由に切り出して、インスタンスの作成が可能となります。

利用可能です。GPUドライババージョンと互換性のあるものをユーザにて導入してください。
なお、CUDAはドコモが提供しているソフトウェアではないため、動作保証はしておりませんこと、ご承知おきください。

インスタンス(1vCPUあたり)100GB、追加1GBとなります。

可能です。

可能です。

ドコモが用意したライセンスを利用する必要がございます。

docomo MEC上で提供中の「Compute V」に新たに追加されるオプションメニューで、CGやアニメーション、VR・ARといった大容量の映像や3D画像などの映像の高速演算を可能にするものです。本メニューは「NVIDIA Quadro RTX 8000」をdocomo MECに搭載して提供します。

V100はAIやディープラーニングでの活用が期待されるものです
Quadro RTX 8000は大容量の高速ビジュアルコンピューティングでの活用が期待されるものです。

レイトレーシング※とAIを高速に処理するための専用のプロセッサを搭載した世界初のGPUです。48GBの大容量メモリを搭載しており、CGやアニメーション、VR・ARなど、大容量の映像や画像の高速処理を実現します。
詳しくはNVIDIAのホームページ(https://www.nvidia.com/ja-jp/design-visualization/quadro/rtx-8000/)をご参照ください。
※レイトレーシングとは、ある点に届く光線を逆にたどることで、物体の反射率や屈折率等を細かく反映させたモデルを得る方法をいいます。例えば、透過・屈折・反射といった効果を、より現実世界に近く表現することが可能になります。

世界初のレイトレーシングGPUであり、48GBの大容量メモリを搭載しているためです。
※レイトレーシングとは、ある点に届く光線を逆にたどることで、物体の反射率や屈折率等を細かく反映させたモデルを得る方法をいいます。例えば、透過・屈折・反射といった効果を、より現実世界に近く表現することが可能になります。

NVIDIAのGPUクラウド対応ソリューションを活用し、エンドユーザーのお客様にホスト型のソフトウェア サービスを提供または再販するパートナー向けのプログラムです。ドコモはこのパートナーになっております。

Compute V環境での提供のためです。

Compute Vの開発ポータルはvCD(vCloudDirector)です。ユーザの追加は可能です。

自前で構築していただいて問題ありません。
(Compute Vのロードバランサーは、ロードバランサーオプションのことで、なくても大丈夫です)

Compute Vのログについては、テナントユーザ様でログを保管する方法として、 現在はGUI画面でスクリーンショットを取っていただくか、出力されているログをコピー&ペーストで保存いただくことになります。

SSL-VPNでdocomo MECのマネジメントNWに接続してもらいこちらを経由してインスタンスへRDP接続可能です。
SSL-VPNの接続方法は以下のURLをご確認ください。
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/compute-v/tutorial/remote.html

VPNを張って、ログインライフタイムは作業端末と仮想マシンが通信を継続して行っている場合、最長で30日となります。
また、アイドルタイムアウトは通信が行われていない場合、3時間で切断されます。

下記、Compute V > チュートリアル > インターネットへの公開を確認してください。
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/compute-v/tutorial/publish.html

セキュリティポリシーは下記URL下部にございます。
https://www.mec.docomo.ne.jp/login/
開発者ドキュメントは、下記URLにございます。
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/index.html

ユーザの追加は可能です。

Compute Vでは以下のOSが提供されています。
Linux
・CentOS Stream 8
・CentOS 7.3
・Ubuntu Server 16.04 LTS
・Ubuntu Server 18.04 LTS
・Ubuntu Server 20.04 LTS
Windows
・Windows Server 2016
・Windows Server 2019

Compute VのGPUサーバのOSは
・CentOS 7.7
・Ubuntu Server 16.04 LTS
・Ubuntu Server 18.04 LTS
・Ubuntu Server 20.04 LTS
・Windows Server 2016
・Windows Server 2019
をお使いいただけます。

ログイン時のパスワードは十分に長い文字列(最長30文字)にすることを推奨いたします。
パスワードの要件については以下を参照ください。
マイパスワード変更
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/compute-v/reference/mypassword.html

仮想環境のWebコンソール上でコピー&ペーストを実施することはできません。

仮想マシンへSSHクライアント(TeraTerm、Puttyなど)から接続してください。
設定方法は以下のページを参照ください。
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/compute-v/tutorial/remote.html

インターネットへ接続するためには以下のネットワーク設定が必要です。
1.仮想マシンへの外部接続用NICの追加。
2.フロントネットワークの設定。

設定については、以下を参照して下さい。
・仮想マシンにネットワークインタフェースカード(NIC)を追加する
・フロントネットワークを設定する
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/compute-v/tutorial/web-server.html

Compute Vでは、固定-指定を選択することで固定IPアドレスを付与することが可能です。

スナップショットは、その時点(スナップショット取得時点)の仮想マシンの状態とデータが保存される機能を指します。Compute Vにおけるスナップショットは仮想マシン1台につき1つだけ保存でき、新しいスナップショットを取得するたびに前のものが削除されます。

Compute Vでは、稼働状況統計画面が用意されています。
詳細については以下公式ドキュメントをご参照下さい。
■稼働状況統計
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/compute-v/reference/dashboard.html

DNSサーバは基盤から利用できるキャッシュサーバを準備しております。ご提供しているグローバルIPアドレスに対するDNS設定に関しましては、別途DNSサービスを提供している事業者にて設定をお願いします。
設定方法についてはこちらをご参照下さい。

■Compute V
・ DNSを設定する
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/compute-v/tutorial/web-server.html

Compute Vでは以下の場合に自動的にログアウトいたします。
自動ログアウトの停止や時間の変更はできません。
恐れ入りますが自動的にログアウトされた場合は再度ログインを行ってください。
・管理画面の自動ログアウト:30分
・webコンソールの自動ログアウト:15分

DNSサーバは基盤から利用できるキャッシュサーバを準備しております。ご提供しているグローバルIPアドレスに対するDNS設定に関しましては、別途DNSサービスを提供している事業者にて設定をお願いします。

作成いただいた仮想マシンの画面から、以下動作にてログインが可能です。
パスワードについては、契約時にお伝えしたパスワードでログインし、セキュリティー上必ず変更を頂きますようお願いします。
■ Compute V
仮想マシンの画面から、作成した仮想マシンの 「アクション」を選択し、 「Webコンソールの起動」 を選択

詳細については以下のURLをご参照ください。
・仮想マシンに接続する
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/compute-v/first-step/connect-vm.html

ラウンドロビンとなります。
また、ヘルスチェック方式も採用しています。

仮想管理画面上、仮想マシンの「詳細」タブ内の「NIC」よりフロントネットワークから確認できます。

はい。制限については以下の通りです。
カスタムアプリケーションにデフォルトで設定されているものに関しては、「編集」「削除」が画面上表示されません。
「新規」にて作成いただいたアプリケーションポートプロファイルでは表示されます。

申し訳ありませんが、ご使用いただけません。

「仮想環境構築」画面にログインした際のアカウントについて、「管理者」ではない場合は「エッジ」が表示されません。
「管理者」権限にてログインし、お試しください。

下記のような定義となります。
「プロジェクト」
プロジェクト:CVxxxx
「テナント」
テナント:KWxxxx

プロジェクトの中に、2つのテナント(神奈川と大分や神奈川のNON-GPUとGPUなど)を含むようなことも可能であり、同拠点内であればテナント間接続、別拠点であれば拠点間接続で繋ぐという事も可能となります。

はい。こちらのドキュメントをご参照下さい。
以下URLを参考にそれぞれのインスタンスにNICを追加していただき、ルーティングの設定をおこなう必要があります。

NICの追加方法については、下記URLをご参照ください。NICを追加する方法について記載がございます。
・Compute V:Compute V操作マニュアル>チュートリアル>インターネットへの公開
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/compute-v/tutorial/publish.html

ルーティングの設定については各OSにて対応方法が異なりますので、それぞれのOS公式サイトなどをご参照ください。
テナントA(192.168.251.0/24)とテナントB(192.168.252.0/24)を繋げる場合、
・テナントAのインスタンスにテナントBへのルーティング
・テナントBのインスタンスにテナントAへのルーティング
が必要となります。

Compute Vのインターネット大容量化工事のため、フロントエッジは新旧2つが表示される状態となっております。
以下「新」で示された移行後のエッジゲートウェイをご利用ください。
※2022年7月以降「旧」エッジゲートウェイは順次表示されなくなります

旧:ERT-[KW/OI]-0000
新:OIC-ERT-[KW/OI]-0000

HTTPリクエストであればVirtual ServiceのHTTP Request Policyで実現可能です。
なお設定される場合は以下の手順となっております。
Virtual Serviceの設定項目にPoliciesのHTTP Requestがございますのでそちらにルールを作成ください。
設定項目にある「Add New Match」で「Client IP」を選択し対象のクライアントIPを指定いただき、「Add New Action」で「Content Switch」を選択していただき振り分け先の仮想マシン(Pool)を指定することで指定の仮想マシン(Pool)へ振り分けることが可能となります。
詳細は以下のAVI Networksのドキュメントにございます。
https://avinetworks.com/docs/18.2/http-request-policy/

以下の二つの方法でクライアントからのリクエストのポートに応じて振り分け先の仮想マシン(サーバ)を変更することが可能です。

振り分け先の仮想マシン(サーバ)はPoolに所属し、Pool単位で切り替える形となります。
また、VIPとPoolの組み合わせのことをVirtual Service(VS)と呼んでいます。

一つのVIP(Global IP)に対して受付ポート毎に複数のVirtual Service(VS)を作成し、VS毎にPoolを分けることで、例えばポート80で受け付けたリクエストはVS1を介してPool1のサーバAに転送し、ポート443で受け付けたリクエストはVS2を介してPool2のサーバBに転送することができます。
懸念点といたしましては、docomo MECでは一つのELB/ILB(SE)の最大VS数(Virtual Services per Service Engine)がデフォルトで10までとなっているため、11以上VS(ポート)を作成できないことが挙げられます。

一つのVIPに対して一つのVirtual Service(VS)で複数のポートでリクエストを受付け、VSのHTTP Request Policyを設定することで、特定のポートへのリクエストを特定のPoolに転送することもできます。
この方式の懸念点としては、VSで受け付けるリクエストは同じHTTPまたはHTTPSプロトコルである必要があることが挙げられます。

基本的に利用者がテナント内に導入なさる製品について、ドコモではすべての担保はできかね、確認はしておりません。
vCDの管理画面からOVF/OVAをアップロードして起動できますので、そちらでご対応をお願いいたします。
なお、製品側でvSphere 6.7・NSX-T 2.5.2.4環境での不具合情報がないことを事前確認ください。

パスワードの変更は「ユーザー管理」の画面へログインしていただき「マイパスワード変更」にて実施して下さい。

インスタンス同士を繋げるためにはバックネットワークを利用し、インスタンスにNIC/IPアドレスを追加する必要があります。
設定方法については以下のURLを参照下さい。
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/compute-v/tutorial/publish.html

アフィニティルール、非アフィニティルールを作成した場合、そこに含める仮想マシンはすべて再起動(パワーオフ→パワーオン)が必要となります。

アフィニティルールを適用した場合、Compute Vの仕様上、アフィニティルールに含めた仮想インスタンスが同一ホスト上で実行されていることを確認することはできません。

非アフィニティルールを適用した場合、Compute Vの仕様上、非アフィニティルールに含めた仮想マシンが別々のホストで起動されていることを確認することはできません。

ロードバランサは、2022年2月現在旧フロントネットワークにのみ接続されています。ロードバランサをご利用の場合は、旧フロントネットワークでのご利用をお願いします。
また、フロントエッジについても旧フロントエッジ(ERT-[KW/OI]-0000)をご利用ください。

GPUサーバのご利用にはライセンス認証が必要です。ライセンス認証が実施されないとGPUサーバの利用ができなくなります。

ライセンス認証はマネジメントネットワークを利用して実施されます。
そのため、GPUサーバはテナントのマネジメントネットワークに接続し、ライセンス認証に必要なルーティング設定をした状態で提供されます。
マネジメントネットワークをGPUサーバから切り離してしまった場合は、再接続しライセンスサーバへの疎通をご確認ください。
疎通確認の方法は以下のページをご参照ください。
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/compute-v/other/faq.html

1vCPU/4Gメモリ/100Gストレージを1単位としてご契約いただいています。
利用可能なストレージ容量は以下となります。
①ご契約していただいておりますvCPU数×100G
②(別途ご契約いただいていれば)追加ストレージ
(①+②の領域をご利用いただくことが可能です。)

vCPU/Memory/ストレージに関しては、ご契約されている範囲で自由にインスタンスに紐づけることが可能です。
ただし、テンプレートを利用して起動していただいた場合、1インスタンス辺り40GBが固定で割り当てられOSが起動されます。

ストレージ容量は仮想環境構築画面にログインし、画面左の「仮想マシン」を選択し、表示された仮想マシンの「詳細」をクリックし、「全般」の「ハードディスク」から追加が可能です。

Compute Vの仮想環境構築画面のWebコンソールから仮想マシンへアクセスできない場合は、以下をお試しください。
・ブラウザのキャッシュのクリア。
・別ブラウザでのWebコンソールの起動。
・上記で問題の解消が見られない場合は、別の端末でのWebコンソールの起動。

仮想インスタンス単体のバックアップはできませんが、vAppのダウンロードとダウンロードしたファイルからvAppの再構築は可能です。
したがって、仮想インスタンスを特定のvAppに作成または移動やコピーをすれば、仮想インスタンスを含めたvApp全体としてダウンロード、再構築が可能となります。

vAppのダウンロードは対象のvAppの「アクション」から「ダウンロード」を選択し実施してください。
※ダウンロードの際にvAppのパワーオフが必要です。vAppをパワーオフすると所属している仮想インスタンスはすべてパワーオフされますので、ご注意ください。

ダウンロードしたファイルからのvApp作成は開発者向けドキュメントのリファレンス(以下URL)の「vApp-OVF から vApp を追加」項目をご参照下さい。
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/compute-v/reference/vapp.html

アプリケーションポートプロファイルの「名前」「ステータス」「プロトコルおよびターゲットポート」に関しては、ヘッダ部分のフィルタ機能から検索が可能となります。

仮想マシンのコピーはvApp内へのコピーしかできません。仮想マシンのコピーを行う場合は、vAppの作成をお願いいたします。

稼働状況統計画面の「リソース使用率」-「ワークロード」に表示されているCPU/メモリ/ストレージの表示は、ご契約されているCPU/メモリ/ストレージ量に対して、どれだけ仮想マシンに割り当てをされているかの値となります。
現在CPUの表示が100%となっている場合、ご契約されているvCPUを仮想マシンにすべて割り当てている状態であることを示しています。
実際の仮想マシンのCPU使用率などは、「仮想マシンリスト」にある値をご確認ください。
また、「仮想マシンリスト」の値に関しましては、定期的に基盤側にて取得している瞬間値となり、実際にOS側でコマンドなどで見た場合の値と合致いたしません。

リクエスト及びレスポンス時間は、仕様上取得不可となります。

コンピュートの仮想マシンからハードディスクのサイズを編集したのち、ゲストOS上で領域の割り当てを行います。
詳細な手順を確認されたい場合は、docomo MECポータルのお問合せフォームよりお問い合わせください。

払い出し時にお渡ししている以下の資料を参照ください。
「docomo MEC_アカウント払出しに関するご連絡」

固定IPプールの設定値は以下手順で確認することができます。
①「仮想環境構築」画面にログインしてください。
②左ペインに表示されている「ネットワーク」をクリックしてください。
③各ネットワークの「ゲートウェイCIDR」に表示されているIPアドレス帯を確認してください。そちらが利用可能な固定IPプールとなります。
ただし、各ネットワークに関しては、割り当て可能なIPアドレスについて下記URLに記載の通り、制限がございます。
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/compute-v/reference/network.html
→「インポート済みネットワークの制限と用途」

ブラウザキャッシュのクリア、および別のブラウザをご利用いただき改善が見られるかご確認ください。
上記内容で改善がみられない場合は、別端末でご利用いただくなどご検討ください。

仮想マシンの「アクション」から「移動先」を選択することで、仮想マシンを特定のvAppに移動させることが可能です。

以下開発者ドキュメントページの「アクション」-「移動先」についてもご参照ください。
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/compute-v/reference/vm.html

保存期間の制限は存在し、ログの保存期間は90日間となります。保存期間経過後、ログは削除されます。
また、vCD上でのログの表示最大件数は過去30日分となります。

過去14日経過したログは管理コンソール上では表示されなくなりますが、管理コンソールのシステム側には保存されております。
管理コンソールのシステム側でのログ保管期間は45日間となっており、保管期間経過後は削除されます。

いいえ、ユーザ毎にユニークなIPアドレス帯をご提供させていただいております。 お客様以外にドコモ基盤上で同一IPアドレス帯を利用しているテナントはございません。

GPUサーバのOSにWindowsをご利用の場合、Webコンソールでのアクセスを行う事ができません。
また、GPUサーバへのリモートデスクトップ接続は可能です。
GPUサーバに接続をされる際には、以下開発者ドキュメントを参考にSSL-VPN接続にてアクセスをしていただく必要がございます。
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/compute-v/tutorial/gpu.html

リソース使用量を大容量近くまで利用されているとエラーになる場合があります。
不要なスナップショットやメディアなどを削除し、再度お試し下さい。

Compute VのWindows2016/2019は、WindowsのプロダクトIDを設定して払い出しております。
ライセンス認証は、以下2パターンいずれかでご対応下さい。
①フロントネットワークを接続し、インターネット経由で行う。
②コマンドプロンプトから、「slui.exe 4」と実行していただき、表示された画面に従って電話番号にて認証を行う。

1Gbpsを超える通信が生じた場合、ポリシング(破棄)を行う仕様となります。

本オートヒーリング機能については、VMwareの提供するvSphereHA機能を利用しております。
また、本機能についてドコモより提供している資料はございません。

Compute VのVMwareにアクセスするためのAPIはドコモとして公開はしていません。

OSインストール用イメージファイルをご準備いただいている場合、以下操作手順に沿って実施してください。
1.仮想環境構築画面にログインする。
2.「ライブラリ」-「メディアとその他」を選択し、「追加」からOS インストール用
イメージメディアをアップロードする。
3.メディアを追加したら、新しい仮想マシンを作成する。

また、Microsoft(Windows Server、SQL Server)については、
ライセンスの持ち込みはできませんのでご注意ください。

Compute Vの仮想マシンからの応答となります。
応答させるためには、以下の設定が必要となります。
・仮想サーバを作成し、フロントネットワークのNICを接続している状態で、プライベートアドレスの第四オクテットを1にしてください。
・Compute Vのエッジにて該当の送信元からの通信(接続元IP/受信ポート)を許可していること。

3テナントを契約いただいて、それぞれのテナントにて1Gbpsベストエフォートの回線をご提供することは可能です。
ただし、帯域の制限は個々の契約(ベストエフォート1Gbps)によるものだけではなく、Compute Vの物理サーバ・リージョン(川崎/大分)・基盤全体にも共有リソースということもあり、性能やスペック上の制限などそれぞれの環境の配置による干渉も発生するため、ベストエフォート1Gbpsの契約を3契約行った場合でも、3Gbpsとなるわけではないことをご了承下さい。
なお、サービスの特性上特定の利用者の配置を最適なスループットが継続的に得られるように随意コントロールすることはできません。

テンプレートから作成した仮想マシンはVMwareToolsがデフォルトで入っており、そのVMwareToolsを利用して時刻同期される動作となります。

Compute VのWebコンソールではファイルを送付することはできません。
SSL-VPN AgentをクライアントPCにインストールし、マネジメントネットワーク経由などでファイルの転送を実施してください。

UDP123ポート(NTP)に関して、弊社セキュリティ対策(DDOS攻撃など)として、上位ネットワーク機器にてパケットをドロップする制御をかけています。

Compute Vでは以下の各ネットワークに対して、上りと下り各々1Gbpsのベストエフォートでの帯域提供をしています。
但し、ネットワークは他のユーザ様との共用型なので、帯域を保証することができません。また、お客様側で帯域を上げることもできません。
※各ネットワーク:フロントネットワーク、バックネットワーク、マネジメントネットワーク

ロードバランサーを利用した場合、負荷分散の設定を行うことで、一時的に使用できる帯域が増える可能性がありますが、サービス自体は、上記に記載した上りと下り各々1Gbpsの帯域かつベストエフォートでの提供となります。

マネジメントネットワークからファイル転送する場合、容量制限は設けておりません。

テンプレートから作成した仮想マシンはVMwareToolsがデフォルトで入っており、そのVMwareToolsを利用して時刻同期を実施しています。
※open-vm-toolsの機能にて1分周期で基盤と通信を行い時刻同期を実施。

時刻同期が有効になっているかの確認方法
VMware Tools のインストール ディレクトリ(フォルダ)に移動し、以下のコマンドを実行してください。
CentOS7、Ubntu18/20の場合
VMware Tools のインストール ディレクトリ:/usr/sbin
コマンド:#vmware-toolbox-cmd timesync status
「Enabled」と表示されれば時刻同期されています。

WindowsServer2016/2019の場合
VMware Tools のインストール フォルダ:C:\Program Files\VMware\VMware Tools
コマンド:>.\VMwareToolboxCmd.exe timesync status
「有効」と表示されれば時刻同期されています。

Compute O

あります。手順書は秘密保持契約締結後にお渡しします。

Compute Oでは以下のOSが提供されています。
Linux
・CentOS 7.0
・Ubuntu Server 16.04 LTS
・Ubuntu Server 18.04 LTS
・Ubuntu Server 20.04 LTS
・Rocky Linux 8.5
・AlmaLinux 8.5
Windows
・Windows Server 2012 R2(※)
・Windows Server 2016(※)
※ ご要望に応じてMicrosoft SQL Serverインストーラを格納したイメージもご提供いたします。

技術的には可能と思いますが、OS以上の構築はご利用者責任で実施いただいております。
https://docs.openstack.org/ja/image-guide/convert-images.html

Webコンソールよりも細やかな設定が可能です。例えば、インスタンスへの固定IPの割り当てや別物理サーバでインスタンスを起動させる冗長性を高めるなどといった設定が可能です。構築方法はOpenStackのコミュニティのドキュメントがインターネットで公開されています。当社から資料をご提示することも可能です。

イメージ保存用は主にスナップショットを取得するために使用します。 ファイル保存用はOpenStack CLIでファイルの読み書きやHTTP/HTTPSを使ってファイルへのアクセスが可能です。

はい。オブジェクトストアはHTTP/HTTPSを使ってアクセスするファイルサーバです。また、一部の機能においてCLI環境が必要になります。

はい。セキュリティグループによりグローバルIPアドレスやポートを設定することで、インターネット経由からのアクセス設定が可能となります。

認識の通りです。

Compute OのGPUサーバのOSは、Ubuntu Server 16.04 LTSをお使いいただけます。
なお、こちらは固定で、お客様にてお選びいただくことはできません。

スナップショットをGUI環境で作成する手順について、契約締結後に提供できるドキュメントに記載しておりますので、営業担当にお問い合わせください。

Compute Oでは、Heatテンプレートを利用して固定IPアドレスを付与することが可能です。

スナップショットは、その時点(スナップショット取得時点)の仮想マシンのデータが保存される機能を指します。Compute Oでは仮想マシン1台につき複数時点のスナップショットを保存することができ、世代管理をすることが可能です。
なお、スナップショットの取得には「インスタンスの停止」を先に実施していただく必要があります。また、スナップショットで保存される対象はrootディスクのみとなりますので、一時ディスク領域はお客様にてバックアップ方式等をご検討ください。

リソース使用状況を確認する機能はありません。
OS付属メニュー(例. Windowsのパフォーマンスモニタなど)で確認してください。

DNSサーバは基盤から利用できるキャッシュサーバを準備しております。ご提供しているグローバルIPアドレスに対するDNS設定に関しましては、別途DNSサービスを提供している事業者にて設定をお願いします。

Compute Oについては、ログイン後に一定時間以上操作を行わないと自動的にログアウトされます。
恐れ入りますが自動的にログアウトされた場合は再度ログインを行ってください。

作成いただいた仮想マシンの画面から、以下動作にてログインが可能です。
パスワードについては、契約時にお伝えしたパスワードでログインし、セキュリティー上必ず変更を頂きますようお願いします。

■Compute O
仮想マシンの画面から、作成した仮想マシンの 「Actions」を選択し、「コンソール」を選択。

Compute Oでご用意しておりますテンプレートを利用してLBを構築される場合、
ラウンドロビン、セッション・パーシステンスとなります。

管理コンソール上、「インスタンス」画面から確認できます。

Compute Oではdocomo MEC内にご利用可能なNTPサーバはご用意しておりません。

「スナップショットの作成」にて作成場所を選択することはできません。
したがって、特定のリージョンのスナップショットを別リージョンで取得することはできません。

なお、特定のリージョンで作成したスナップショットを利用して、別リージョンでインスタンスを立てることができます。実施の流れは以下となります。
1.特定のリージョンでのスナップショットの作成
2.作成したスナップショットをOpenStackCLIコマンドにてダウンロード
3.別リージョンの仮想基盤上へのスナップショットのアップロード

Compute D

Compute Dでは以下のOSが提供されています。
Linux
・CentOS 7.8
・CentOS 8.4
・Ubuntu Server 20.04 LTS
・Rocky Linux 8.5
・AlmaLinux 8.5
Windows
・Windows Server 2016

MECダイレクト

可能です。一度特定のSIMに割り当てられたIPアドレスは継続されます。

はい。MECダイレクト用SIMを使った通信では、5GからLTEへのハンドオーバー時に通信は継続されます。

大きく2つの使い分けを想定しております。
①接続の対象による使い分け
Direct方式には固定のローカルIPアドレスが振られます(Connect方式は動的ローカルIPアドレス)よって、Direct方式はサーバから端末への接続や、他の端末から端末の接続(P2P接続)の際、ご使用ください。端末からサーバへ一方通行の接続であれば、Connect方式をご利用ください。
尚、Direct方式の固定のローカルIPアドレスは障害や工事などにより新たに別のローカルIPアドレスが振られる可能性がございます。

②接続可能なSIMの数による使い分け
1回の接続でより多くの回線をご利用する場合、Connect方式をご利用ください。
1接続で収容可能な回線数はConnect方式が多い特徴がございます。
Connect方式:1接続で1000回線まで
Direct方式:1接続で254回線まで

同じSIMグループなら同一ネットワークセグメントになります。
※P2P通信はMECダイレクトのDirect方式のみ接続可能になります。

インスタンスから見た場合、MECダイレクトネットワークの帯域は上りと下り各々1Gbpsベストエフォートとなっています。
但し、ネットワークは他のユーザ様との共用型なので、帯域を保証することができません。

アクセスプレミアム接続可能拠点は西東京のみで、MECダイレクト対応拠点は東京/大阪/神奈川/大分拠点となります。MECダイレクト用SIMから直接西東京拠点へ接続することはできません。
※東京、栃木拠点については新規受付を終了しています。

Wi-Fi STATION(SH-52A/SH-52B)配下の端末間でpingによる通信をさせるためには、以下の設定が必要になります。
1.Wi-Fi STATION(SH-52A/SH-52B)でのDMZの設定。
・SH-52A/SH-52BのWebセッティング画面にログインする。
・「設定」→「LAN設定」→「DMZ」をクリック
・「ルールの追加」にて以下の各項目を設定
設定範囲や初期値などの詳細については以下SH-52AマニュアルのP. 64「メニュー一覧(Webブラウザ)」を参照
https://www.docomo.ne.jp/binary/pdf/support/manual/SH-52A_J_syousai_FV2.pdf
設定項目
DMZ:[有効/無効]から有効を選択
DMZ IPアドレス:通信を転送するLAN側端末のIPアドレスを入力
2.Wi-Fi STATION(SH-52A/SH-52B)の「LAN設定」-「ファイアーウォール」の設定。
(WANポートPINGブロックによるファイアウォール機能を無効にします。)

補足
端末のOSがWindows10の場合、Windows Defender ファイアウォールの設定がデフォルトでpingに応答しない設定になっていますので、応答する設定に変更する必要がございます。

通信速度の性能に違いはありませんが、通信の相手先、SIMグループに登録可能な回線数に違いがあります。
詳細については以下を参照ください。
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/mec-direct-ph2/concepts/concept.html

1接続あたりの帯域はConnect方式、Direct方式に問わず、ベストエフォートとなります。
回線数については以下の通りです。

・Connect方式 :1グループで1000回線まで
・Direct方式 :1グループで254回線まで

はい。閉域ネットワークはセキュアなネットワークなのですべてのポートは開放されています。

はい。リモートデスクトップ接続できます。
ただし、こちらで提供しているLinux系テンプレートにはCLI環境しか用意されていないため、必要なパッケージをインストールしてご利用ください。

端末にはNWより自動的にIPアドレスが割り当てられるため、明示的に別のIPを割り当てることはできません。

サブネットマスクは割り当てられません。

メンテナンスや障害については他サービスと同様にお知らせしておりますが、IPアドレスの変更のお知らせはしておりません。

SH-52Bにパソコン又は携帯端末から接続し、設定ツール画面(ホーム)の「接続状態」タブ内の「WAN IPv4アドレス」にMECダイレクトのIPアドレスが割り当てられていることで、接続されていることが確認できます。
設定ツールについてはSH-52B取扱説明書(P.41 設定ツールについて)を参照ください。

移動機(SH52A)のファームウェアが古い場合に、上りの速度だけがでない現象が確認されております。移動機のファームウェアのアップデートをご検討ください。

データ通信端末SIMの設定情報は以下のページの「端末の設定」をご確認ください。
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/mec-direct-ph2/first-step/test-sim.html
設定の先の認証についてはSIM認証となりますため、ID/パスワードなどは必要ございません。

WebサーバにNICとしてMECダイレクトネットワークを設定し、
以下3点の設定・確認をお願い致します。

・WebサーバにMECダイレクトネットワークのIPアドレスが付与されたインタフェースが追加されたことを確認してください。
→必要に応じてパワーオフ・パワーオンを実施してください。

・WebサーバにてMECダイレクトネットワークのGWに対して、端末側(SH-52A)の割り当てられているIPアドレス帯へのルーティング設定を追加してください。

・端末からWebサーバへ疎通ができることを確認してください。

docomo MEC内に構築したWebサーバのフロントネットワークからインターネット経由で外部システムとhttp通信させることで外部システムとデータのやりとりを行うことができます。
Webサーバに以下の設定が必要です。
WebサーバにNICとしてフロントネットワークを設定し、プライマリNICのチェックを入れてください。
フロントネットワークアドレス帯は、xxx.xxx.xxx.1~xxx.xxx.xxx.15の範囲で設定をお願いいたします。
詳細は以下、開発者ドキュメントを参照ください。

https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/compute-v/reference/network.html

MECダイレクトのコンソールにはAPNを表示しておりません。

docomo MECポータルの開発者ドキュメントに記載がございますので、以下URLの「端末の設定」をご確認頂きますようお願い致します。
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/mec-direct-ph2/first-step/test-sim.html#%E7%AB%AF%E6%9C%AB%E3%81%AE%E8%A8%AD%E5%AE%9A

インスタンスから見た場合ですが、MECダイレクト/マネジメントネットワークについても1Gbpsベストエフォートとなっております。
また、MEC基盤となりますので、他のユーザ様との共用型となっており、こちらについても帯域を保証することはできません。

はい。MECダイレクトの帯域はフロントネットワークやマネジメントネットワークの帯域とは別で提供されます。

MECダイレクトのネットワーク帯域とフロントネットワークなど他のネットワーク帯域は、独立して設けられています。

その他

マイクロソフト社が提供しているDBMSになります。Windows Serverと組み合わせてご利用いただくこととなります。Linuxではご利用いただけません。

可能です。docomo MECからの提供はありませんが、お客様の責任において導入することは可能になります。

docomo MECにて指定GPUドライバがございます。
・Compute Oに関しましては弊社営業担当者へお問い合わせ願います。
・Compute Vは以下をご参照ください。
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/compute-v/tutorial/gpu.html
※ドライバの変更などをお客様で実施されますと、正常に動作せず環境のリセットが必要となってしまいますので、お控えいただくようお願いします。

いいえ。Windows Serverライセンスの持ち込みはできません。

Windows Serverのisoイメージをご用意していますので、こちらを選択してインスタンスを構築いただけます。
構築方法については以下をご参照ください。
・Compute O:Compute O操作マニュアル>ファーストステップガイド>インスタンスの作成・削除>インスタンスの作成
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/compute-o/first-step/create-instance.html#インスタンスの作成
・Compute V:Compute V操作マニュアル>リファレンス>仮想マシン
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/compute-v/reference/vm.html

メンテナンス時間・日程については、定期的なシステム休止日、休止時間帯は設けておりません。必要に応じて実施しております。
メンテナンスについては、緊急の場合を除きdocomo MECポータルにて事前にお伝えいたします。

Compute O/Vそれぞれで必要なテナントは以下になります。
Compute V:GPUありとGPUなしの2つのテナントが払い出されます。
Compute O:GPUなしのテナントとバックエンドのネットワークに接続されるGPUサーバがあります。この時のGPUサーバはGIPアドレスが割り振ることができません。

GPUサーバ接続サービスのことです。
(Compute V)https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/compute-v/tutorial/gpu.html

可能です。オプションのテナント間接続や拠点間接続を利用することでテント間の接続・連携は可能になります。

プライベートIPを仮想マシンに割り当て、Kubernetesクラスタ環境の構築はお客様の責任において実施頂くことは可能です。 (お客様自身で仮想マシン上にKubernetes環境を構築していただく必要があります)
マネージドKubernetesの提供はありません。

Compute O/Vそれぞれ以下のような影響が考えられます。
・Compute O:インスタンスの再作成のためサービス停止
・Compute V:オートヒーリングはホスト障害により止まってしまった仮想マシンを他の正常なホスト上で自動で再稼働する機能で瞬断、一時的に該当サーバにアクセスできない等

いいえ。ございません。

オートスケール機能は提供しておりません。

プロトコル(TCP/UDP)、ポート番号、アクセス元IPアドレスを指定し、 外部から仮想マシンへのアクセスを制限する機能です。

仮想マシン作成時にその仮想マシン用のストレージも同時に作成され、データはそのストレージへ保存されますので、「停止」や「再起動」の操作で消えることはありません。

仕様上の制限はございません。

取得代行サービスは提供しておりません。ご利用者様にて取得したSSLサーバ証明書をご利用ください。

可能となります。

作成後、即時反映されます。

仮パスワードの有効期限は払い出し日より7日間となります。
仮パスワードから変更後(自身でパスワード設定後)のパスワードには有効期限はございません。

仮想マシンにはプライベートIPアドレスを割り当てることができます。インターネット通信用のグローバルIPアドレスに関しては、基盤側にてNAT変換が行われますので、インスタンスには直接付与することができません。尚、グローバルIPアドレスは、1GIPにつき月額220円(税込)の有償オプションとなります。

以下の手順で取得ください。
①対象サーバへRDP接続。
②Windows検索欄にて、「powershell」と入力しWindows PowerShellを起動。
③nvidia-smi.exeファイルが配置されているフォルダまで移動。
コマンド:cd 'C:\Program Files\NVIDIA Corporation\NVSMI'
④NVIDIAドライバ情報取得
コマンド:.\nvidia-smi.exe

・Compute O(発)→Compute V(着)の場合
Compute Vの[エッジ]→[OIC-ERT-KW-xxxx]にてファイアウォールを設定してください。

・Compute V (発)→Compute O(着)の場合
Compute Oの[コンピュート]→[アクセスとセキュリティ]→[セキュリティグループ]にて、Compute VのグローバルIPから特定のポートへの受信ルールを作成してインスタンスに適用してください。

構成やサービス内容に関する問合せにつきましては、ドコモ営業窓口に詳細なご相談をお願いいたします。

トラブルシューティング

通信障害

P2P構成では片方の端末はアップロード、もう片方の端末はダウンロードを実施するため、通信の揺らぎ/再送などの影響を受けやすい無線区間を2回通ります。
一方Client-Serverの構成では、アップロードもしくはダウンロードの片方向に対してのみのスループット測定となるため、無線区間も1回しか通らない構成となります。
P2PとClient-Serverでは、構成が異なり比較対象とならないため、その点ご認識頂ければ幸いです。

詳細は弊社営業担当へお問い合わせ願います。

詳細は弊社営業担当へお問い合わせ願います。

以下をご確認ください
▼ドコモスピードテストアプリの測定に関する詳細情報
https://www.docomo.ne.jp/area/speed_test/measure/?icid=CRP_AREA_speed_test_top_to_CRP_AREA_speed_test_measure&dynaviid=case0006.dynavi

基盤障害

MECサーバ上(基盤部分:NW/HWのインフラ側)で問題が発生した場合はドコモ側で障害対応します。ミドルウェア/OS以上で問題が発生した場合はお客様対応となります。

その他

GPUサーバの仮想コンソールは、vCDからログインすることができません。 あらかじめGPUサーバには、マネジメントネットワークにIPアドレスが振られていますので、GlobalProtectAgentをインストールして頂き、SSL-VPN接続でアクセスをしてください。

スナップショットの取得対象はルートディスクであるため、ルートディスクの使用量が小さいフレーバ未満であれば起動可能です。 例えば、LSVM.smallとLSVM.tinyでルートディスクが同じ容量(50GB)なので、相互にスナップショットから起動可能です。

以下のFAQの「GPUカードが認識されません」と表示される場合を参照し、GPUライセンスサーバとping通信が通ることを確認してください。
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/compute-v/other/faq.html
また、port7070を意図的に通信不可に設定していないか確認願います。

管理画面にてお客様が作成した「インスタンス」等が表示されていなければ、すべて削除されています。

Compute Vでは、リソースプールという形でご契約頂いたCPU/Memory/HDDを自由な形で利用することができます。
vCDの画面から適宜ディスクの割り当てを増やしてください。OS上でディスクサイズが増えていることが確認できます。 増えた領域をどのように使えるようにするかについては、OS領域の話となりますので、OSマニュアル等を参照しご対応ください。

ログイン方法については以下をご参照ください。
・Compute O:Compute O操作マニュアル>ファーストステップガイド>インスタンスの起動>ログイン
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/compute-o/first-step/startup.html#ログイン

・Compute V:Compute V操作マニュアル>チュートリアル>リモート接続
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/compute-v/tutorial/remote.html

公開マニュアルに則ってご説明させていただきます。
・Compute O操作マニュアル>ファーストステップガイド>インスタンスの起動>キーペアの作成
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/compute-o/first-step/startup.html#キーペアの作成
①Compute O操作マニュアルの「キーペアの作成」を実施いたします。
②作成された「キーペア名」をクリックいたします。
③表示された公開鍵情報をコピーしてください。
④インスタンスにログインし、インスタンスにログインする際のユーザディレクトリ配下にある、
/home/<ユーザ名>/.ssh/authorized_keys
上記ファイルに追記をお願い致します。
※1行目に既存暗号鍵の公開鍵が登録されておりますので、2行目に追記となります。
1行1暗号鍵に対応しておりますので2行目を追加される際は、複数行にならないようご注意ください。
※プロセスの再起動は不要です。
⑤①で作成した際の暗号鍵を用いて、対象のインスタンスへログインを施行してください

ライセンスサーバのポート 7070 に対して接続ができるか確認いただき、接続できなかった場合は、ルーティング設定に誤りのある場合があります。ライセンスサーバのIPアドレスがご不明の際は、docomo MECポータルのお問合せフォームよりお問合せください。

また、OSのアップデートによってライセンスを使用できなくなる場合があります。
OSをアップデートしている場合、仮想マシンの削除と再作成が必要となりますので、docomo MECポータルのお問合せフォームよりお問い合わせください。

ルーティングの設定に問題がないか再度ご確認下さい。
また、インスタンスのセキュリティーグループで制限が掛かっている場合があります。
Compute O側のインスタンスのセキュリティーグループがICMP通信を許可しているか確認してください。

ファイアーウォールの設定で通信が制御されている可能性があります。
こちらご確認下さい。
・Compute V:Compute V操作マニュアル>リファレンス>エッジ>ファイアーウォール
https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/compute-v/reference/edge.html#ファイアーウォール

Compute VではヘアピンNAT(※)は対応しておりません。
/etc/hostsなどを利用してのアプリケーション側での回避をご検討下さい。
(※)NAPTや静的NAT設定を行なっている状態で、ルーターのLAN側から、NAPT/静的NAT設定しているグローバルIPアドレスにアクセスした際に、LAN側に転送を行う機能

ライセンス認証が失敗した場合、GPU処理ができなくなります。
ライセンスサーバとの疎通を確認して下さい。

IPアドレスは端末で参照することができるほか、docomo MECポータルでも参照可能です。

SH-52Bは初期設定でWAN側ポートがPingに応答しない設定となっています。「WANポートPINGブロック」の設定を確認ください。
「WANポートPINGブロック」については、SH-52B取扱説明書(P.65 メニュー一覧、P.47 ファイアウォール)

docomo MECのdocomo MECポータルでの問い合わせと回答の一覧をエクスポートする機能はございません。
各やり取りについてはメールを送信しておりますので、実問合せの実績については、メール内容を保存ください。

ビジネスdアカウントについては下記サイトの案内に従ってお問い合わせください。
https://dbm.smt.docomo.ne.jp/corpbiz/bizinquiry_input.html

以下のポイントを再度ご確認ください。

■ 端末APNは以下の項目に、正しく設定されているか確認してください。
・プロファイル名: (自由に設定してください)
・APN名: mobile.d-oic.com
・ユーザ名: なし
・パスワード: なし
・認証方式: なし
・IPタイプ: IPv4
・IPタイプ(ローミング): IPv4

参考資料URL
(ph2) https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/mec-direct-ph2/first-step/test-sim.html
(SA) https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/mec-direct-sa/first-step/test-sim.html

■ 仮想マシンに接続したMECダイレクトネットワークのNICに、以下ルーティング情報が正しく設定されているか確認してください。

・Direct接続の場合
→ 10.128.0.0/11

・Connect接続の場合
→ 100.74.128.0/18

参考資料URL
(ph2) https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/mec-direct-ph2/first-step/connect-vm.html
(SA) https://www.mec.docomo.ne.jp/document/docs/mec-direct-sa/first-step/connect-vm.html

■ 以下の観点で端末及びエリアについて確認してください。
MECダイレクト(SA)を利用する場合は5G SA方式対応端末であること、5G SAエリアであることをご確認ください。

docomo MECポータルのお問い合わせチケットはクローズから120日経過すると再オープンできません。新規チケットを作成の上、お問い合わせをお願いします。