機能一覧

docomo MEC®でご利用いただける
様々な機能をご紹介します。

MECダイレクト (docomo MEC向け5Gサービス)

MECダイレクトとは?

  • MECダイレクトとは、ネットワークの伝送遅延の低減やセキュリティの高い閉域通信を実現する、docomo MEC向けの5Gサービスです。
  • ドコモネットワークからインターネットを介することなく、docomo MECのサーバーに接続できます。

MECダイレクトの特長・メリット

①リアルタイム性の高いサービスを実現

  • MECダイレクトの利用により、モバイル端末を活用したリアルタイム性の高いサービスを安定してご利用いただけます。(一般的なクラウドサービスと比較してユーザーと接続先拠点の距離が近く、インターネットの混雑遅延の影響も受けません。)
  • このため、リアルタイムでのライブ映像伝送(TV中継、遠隔授業、遠隔医療)、リモートでのCG制作や機器の遠隔操作といったリアルタイム性が求められる用途にも対応可能です。
  • ご利用シーン例
    ・リアルタイムでのライブ映像伝送(TV中継、遠隔授業、遠隔医療)
    ・リモート環境でのCGの共同編集
    ・遠隔地の建設用重機、ロボットなどの操縦
    ・道路情報リアルタイムで可視化する運転支援システム
    ・インフラ設備の映像解析による監視システム

②機密情報も安心して送信できる高セキュリティをかんたんに実現

  • MECダイレクトのご利用により、インターネット上にあるリスクから通信内容を守ることが可能です。 (インターネットを介さない、ドコモネットワーク内でMECサービスを提供します)
  • 更に、第三者による不正なアクセスから機密情報を守ります。(携帯電話番号を使った接続制限をかんたんにご利用いただけます。)
  • このため、大切な情報(公務のデータ、医療の映像、ライブ中継等)を扱う業務や、インフラ管理のリモートアクセスなど不正アクセスによる影響の考慮が必要な業務などにもご活用いただけます。
  • ご利用シーン例
    ・授業や工事、製造工程のリアルタイム中継
    ・顔認証によるイベントなどの入場管理
    ・患者の映像を病院間で伝送する遠隔診療
    ・遠隔地から現場の画像を確認する警備業務

③ユーザー自身による簡単な回線Web管理を実現

  • ご自身のMEC上のサービスへのアクセス制限を適切に運用いただくための5G回線管理機能(電話番号による接続制限、接続回線の情報把握など)をご提供しています。これにより、ご自身のMEC上のサービスに接続する5G回線のIPアドレスをdocomo MECポータルから一元把握でき、アクセス管理の効率的なネットワーク運用がご自身でweb上で設定可能です。
    ※docomo MEC及びMECダイレクト接続サービスを用いてサービス提供される方向けの機能です
  • 5G回線でサービスをご利用のユーザーには、回線利用や一時停止、利用したデータ通信料の確認、接続先の変更など、サービス利用にあたって便利な機能をweb上で管理いただけます。例えば、移動してご使用になる場合に、ご利用場所に近い拠点に接続先を変更することにより、リアルタイム性を活かしたサービスを全国で変わらずご利用することが可能です。
    ※docomo MEC上でのサービスをMECダイレクトに接続可能な5G回線でご利用される方向けの機能です
  • ご利用シーン例
    ・ARスマートグラスなどデバイスを携行しての各地での作業支援、施工管理において、日ごとに接続先を最寄り拠点に変更
    ・イベント時の映像配信など、一時的にしか利用しない端末の利用中断や再開
    ・遠隔医療や工事実施の日だけアクセス先を変更
    ・多数の端末を接続したリモートデスクトップなどでの回線の一元把握、利用/停止管理

④手軽でリアルタイムな5G端末間通信を実現

  • MECダイレクトでは5G端末間での通信(P2P接続)がご利用できます。これにより、5Gのモバイル通信での高画質な映像伝送など、これまでの有線通信では難しかった屋外での中継や移動する車両からの中継などにご活用いただけます。
  • 電話番号の指定によるアクセス制限やインターネットを介しないことでの通信の安定性やセキュリティリスクの低減が実現できます。(インターネットで端末間通信の環境を構築する場合、クラウド上に中継装置やセキュリティ装置を設置しアクセス制限や通信設定するなどが必要ですが、docomo MECを活用すれば、接続端末を設定するだけで簡単にご利用いただけます。)
  • 高画質な映像や大切なデータを遠隔地にリアルタイムでセキュアに1対1で伝送できるため、テレビの生中継や機器の遠隔操作などにご活用いただくことが可能です。
    ※固定IPアドレスが払い出されるDirect方式でご利用可能です
  • ご利用シーン例
    ・中継車と無線接続したカメラによる柔軟なテレビ生中継
    ・遠隔地のロボットをリモートで操作する手術支援システム
    ・緊急でのシステムメンテナンス時のバックアップ回線
    ・インフラ、製造拠点などの状況をデータ伝送により把握
    ・工場などの閉域ネットワークに保守拠点よりリモート接続しての運用保守作業

docomo MEC+MECダイレクトが5Gソリューション実現にとって最適な理由

  • 一般のパブリッククラウドやMECにはない機能がご利用いただけます。
特長・
メリット
機能 機能の活用例 一般の
パブリック
クラウド
一般のMEC docomo MEC+
MECダイレクト
①低遅延 5G端末からの低遅延接続 リモートをよりリアルに、
リアルを楽しく・快適にする
ソリューションを創出
②高セキュリティ 5G端末~MEC間通信が
インターネットから分断
通信の盗聴による
情報漏洩への対策
  5G端末が
インターネットから分断
端末のウイルス感染などによる
情報漏洩への対策
MEC契約者様向け:回線管理機能
(例 : 電話番号による接続制限、
接続回線の情報把握など)
不正利用防止、
効率的な運用
③5G回線管理
(効率的な運用)
5G回線契約者様向け:回線管理機能
(例:回線の開通や一時停止、
データ通信利用量やIPアドレスの把握、
接続先のMEC拠点(テナント)の変更など)
④5G端末間通信 docomo MECでの折り返しによる
5G端末間通信
簡易構成での
映像伝送など

  • 詳細はドキュメントをご参照ください
  • 〇…サービス単体で提供あり
  • ー…サービス単体では提供なし(他サービスとの組み合わせにより実現できる場合あり)

提供拠点

  • Compute Dの全ての拠点で対応しています。
  • Compute Eは24年春に対応予定です。
ご利用方法は以下をご参照ください。

MEC基盤

docomo MECではMEC基盤としてOpenStackベースのCompute E、Compute Dをご用意しています。 構築するシステムの要件に合わせてお選びいただけます。

Compute E(OpenStack基盤)の特徴

NTT Comが提供するデータ利活用プラットフォームSmart Data Platform(SDPF)との連携でお客様のDXを加速

  • お申込み後のコンピュートリソースは専用のポータルサイトから即時に変更可能
  • 従量課金の柔軟な料金体系
    (詳細はCompute E料金ページまで)
  • お申込みからご利用開始までの時間短縮
    (詳細はご利用の流れまで)
  • 可用性:ユーザーインスタンスを冗長化しておくことで可用性確保
  • 負荷分散:ユーザーがロードバランサーを構築
  • 高性能NW機器の採用と高速インターフェース(SR-IOV)の提供により高いNW性能を実現
  • OpenStack API利用が可能、構築したユーザシステムからIaaS操作が可能
  • インスタンス単位で契約

    <SDPFとの連携による特徴>
  • 大容量ストレージサービス「Wasabiオブジェクトストレージ」へのデータ蓄積が可能
  • データの分析や可視化サービスを活用し、様々なデータ利活用が可能
  • Flexible InterConnectを利用することでお客様のシステムとセキュアな接続が可能
    ※SDPFについてはこちらから
    ※Wasabiオブジェクトストレージについてはこちらから
    ※Flexible InterConnectについてはこちらから
    ※WasabiオブジェクトストレージとFlexible InterConnectは、SDPFアカウントから別途利用申請・ご契約いただく必要があります。
シンプルで自由度の高い基盤
OpenStackはオープンソース・ソフトウェアであり、ユーザ自身による高いカスタマイズ性が特徴です。ホットスタンバイ、ロードバランシングなど要件に合わせて自由にシステム構築が可能です。
柔軟な利用が可能
従量課金により、イベントやPoCなど一時的な利用でも最適な料金でご利用いただけます(詳細はこちら)。また、申し込みからご利用開始までの時間も短縮され(詳細はこちら)、リソースは即日での変更が可能です。
高度な付加機能が利用可能
NTTコミュニケーションズのデータ利活用基盤(SDPF)と連携したことで、MECの特長であるリアルタイムのデータ処理とSDPFの特長である大量データの蓄積・分析・活用を掛け合わせることが可能。
SDPF連携

  • (1)(2)…docomo MEC Compute Eの特長
  • (3)(4)…SDPFの特長
想定ユースケース

医療業界

医療業界の画像

【MECを使った通信】
リアルタイム映像伝送による
遠隔での医療サポート
×
【データの利活用】
映像データを保存し
遠隔医療の技術向上や教育に活用

製造業界

製造業界の画像

【MECを使った通信】
リアルタイム通信により
リモートでの遠隔重機操作
×
【データの利活用】
BIMやCIMデータと連携し
リモートでの操作を一部自動化

ご利用方法は以下をご参照ください。

Compute D(OpenStack基盤)の特徴

スタンドアローン方式対応のシンプルで自由度の高い基盤

  • 可用性:ユーザがインスタンスを冗長化しておくことで可用性確保
  • 負荷分散:ユーザがロードバランサーを構築
  • 高性能NW機器の採用と高速インターフェース(SR-IOV)の提供により高いNW性能を実現
  • 全国配置MEC:全国6拠点へ設置。最寄りの拠点を選択することで従来より低遅延の通信が可能
  • OpenStack API利用が可能、構築したユーザシステムからIaaS操作が可能
  • インスタンス単位で契約
  • GPUサーバー:物理GPU(パススルー方式)
シンプルで自由度の高い基盤
OpenStackはオープンソース・ソフトウェアであり、ユーザ自身による高いカスタマイズ性が特徴です。ホットスタンバイ、ロードバランシングなど要件に合わせて自由にシステム構築が可能です。
安価
オープンソース・ソフトウェアを利用しているため、Compute Vと比べて安価に提供されます。
物理GPUが利用可能
AI、機械学習などに用いるGPUが必要になった場合、物理GPUが利用可能です。NVIDIA T4が提供されます。占有になりますので、安心して計算処理能力をフルに発揮できます。
ご利用方法は以下をご参照ください。

  • 5G専用のネットワーク設備を使用する、スタンドアローン(SA)方式での接続を提供しています。

GPU

GPUの特長

用途の違い

  • GPU/CPUの得意領域の違い=GPUコア数の圧倒的な差が産む高速な並列計算
GPUの特徴「CPU」
GPUの特徴「GPU」

GPUを活用することによるメリット

MEC処理時間を短くすることで・・・

  • 映像サービスであれば動画の品質が向上。さらに下図(右)のとおりデバイス側の高負荷処理をオフロード可。
  • AIであれば推論回答時間の短縮化
5G×MEC×GPUで更なる低遅延化
5G×MEC×GPUで更なる低遅延化
デバイスにおける高負荷処理のオフロード
デバイスにおける高負荷処理のオフロード

GPUラインナップ それぞれの用途

  • V100 : AI推論/学習 - AI開発, 映像推論
  • RTX 8000 : グラフィックレンダリング - XR/VDI/映像処理
  • T4:VDIもしくはAI推論
  V100/V100S QUADRO RTX 8000 T4
 

適用分野:

HPC,AI(推論/学習),CAD VDI

計算用途に適したGPU

適用分野:

CAD VDI,AI(推論/学習)

グラフィックス用途に適したGPU

適用分野:

VDI/CAD-VDI,AI(推論)

VDI,AI推論用途に適したGPU

GPU世代 Volta Turing Turing
CUDAコア数

5,120

TENSOR コア:640

4,608

TENSOR コア:576

RT コア:72

2,560

TENSOR コア:320

RT コア:40

メモリサイズ 16GB/32GB HBM2 48GB GDDR6 16GB GDDR6
Media Acceleration 3 x NVENC, 1 x NVDEC 1 x NVENC, 1 x NVDEC 1 x NVENC, 2 x NVDEC
vGPU Profiles

4GB,8GB

16GB, 32GB

6GB,12GB

24GB, 48GB

N/A
(GPU passthrough)

vGPU
利用シーン
Office - - office
Graphics CAD CAD/RT/RENDERING CAD/RT
Computing

INT4/INT8

半精度/単精度/倍精度

CAE/AI/DL/HPC

INT4/INT8

半精度/単精度

CAE/AI/DL

INT4/INT8

半精度/単精度

AI/DL

GPUの分割メニュー(Compute V)

  • これまで1つのインスタンスで占有していたGPUを、最大8つのインスタンスで分割利用するメニューです。
  • 高性能なGPUを導入しやすい利用料金でご提供します。
GPUの分割イメージ

その他の接続オプションサービス

テナント間接続サービス

  • 「テナント間接続サービス」は、同一拠点・別テナント間で接続を行い、拠点内ネットワーク間での通信を行う。API連携等のプロジェクト間連携に利用可能。
テナント間接続サービス
対象リージョン 料金
Compute V:神奈川、大分
Compute O:大阪、西東京
初期費用(税込) 33,000円/工事
テナント間接続サービスの初期費用は工事数に応じて、1工事あたり33,000円(税込)となります。

※ 2023年10月12日をもちましてCompute V、Compute Oは新規お申込み受付を終了しました。

拠点間接続サービス

  • 「拠点間接続サービス」は、各MEC拠点間をドコモ網内IPルーター網にて拠点同士を接続。
    拠点間の冗長化、データ連携・同期での利用可能(※)。
    例えば、拠点間でデータ同期を行い、MECダイレクトにて近い接続先拠点を設定することで、より低遅延な接続が可能。

  • 弊社より拠点間のNW網については提供いたしますが、拠点同士のサーバー間のデータ同期や冗長化の構築については、お客様自身で実施いただきます。
拠点間接続サービス
対象リージョン 料金
Compute V:神奈川、大分
Compute O:大阪、西東京
初期費用(税込) 33,000円/工事
拠点間接続サービスの初期費用は拠点ごとの工事数に応じ、1拠点 1工事あたり、33,000円(税込)となります。
(例)東京と大阪で拠点間接続する場合、
ネットワーク工事をそれぞれの拠点で1回ずつ行う想定となり、両拠点で合わせて66,000円となります。

※ 2023年10月12日をもちましてCompute V、Compute Oは新規お申込み受付を終了しました。

データセンター接続サービス

  • データセンター接続サービスは、西東京リージョンのデータセンターとの接続が可能。
    データセンターでは、ルーターやONU等のNW機器・持込サーバーの設置可能です。

  • データセンターご利用の場合、別途データセンターの契約が必要です。
  • データセンター接続が担保するルーティングは、各IaaSテナントからデータセンターに設置されている機器までとなります。
データセンター接続サービス
対象リージョン 料金
Compute V:神奈川、大分
Compute O:大阪、西東京
初期費用(税込) 33,000円/1テナント
(例)データセンターへ接続する際、接続テナントに対して33,000円で提供します。

※ 2023年10月12日をもちましてCompute V、Compute Oは新規お申込み受付を終了しました。

このページの情報は役に立ちましたか?

docomo MECを利用してみたいと思いましたか?

利用
したくない

利用
したい

アンケートのご回答ありがとうございます。